ZOOM ハンディビデオレコーダー Q8 の紹介です。

ハンディビデオレコーダーってどんなものを想像しますか?
所謂デジタルカメラというのが出てくると思いますが、デジタルカメラは外付けでマイクをつけたりしないといけません。標準で音質の事を考えられてる物は少ないのと、すでに値段が高いです。
しっかりした物?を買うとほんとにいい値段します、Go proとかすごいですよね。
そんな中、なんとかコストも抑えたいけどいい物が欲しいという方ににお勧めのハンディビデオレコーダーを紹介します。

今回紹介するのは低コストで高品質な物を世に送り出してるZOOMのハンディビデオレコーダー【Q8】です。
発売してからそこそこ年数経ってますが今だに現役で使えてます。
下手な物買うより絶対にいいです。
因みにマイクはソロギターを動画で録る事になったのでXYステレオマイク・カプセルの【XYH-6】に変えてます。

ZOOM Q8 XYH-6

その道のプロの方(例:何十万もするような物を使ってる)からすると物足りないと思いますが、私のように手軽に動画を撮りたい、音質には特にこだわりたいと思ってる方には大変お勧めできます。

ZOOM Q8について色々書いてみる。

Q8の機能

  • 広角160°なのでライブ等でも簡単に広々撮れます。
  • 画質もHDモード2.3Kなので4K信者でもない限りは問題ありません。
  • タッチパネル液晶の操作がフルカラーで使いやすい。
  • 録音にしても2系統のXLR入力がついてるので合計4トラック同時録音できます。
  • 状況に応じて変える事が出来るマイクカプセルが5種類あります。
  • iPadのUSBマイクとして使用可能。
  • パソコンと連動することによってWebカメラとしても使えます。
  • 2時間以上のバッテリー駆動が可能なのでyoutube動画撮影も余裕です。
  • RECボタンを押して数秒後に録画を開始するセルフタイマー機能もあるので一人でもらくらく撮影可能。
  • 最高24bit/96kHzハイレゾ音質 のWAVフォーマット (AACフォーマットにも対応)してます。

ざっくりとあげるとこのような感じです。

別売りですが、付け替え可能なマイクカプセルはこちら。

  • XYマイクカプセル(XYH-5)
  • XYマイクカプセル(XYH-6)
  • MSマイクカプセル(MSH-6)
  • ショットガンマイク・カプセル(SGH-6)
  • ステレオ・ショットガンマイク・カプセル(SSH-6)

使い勝手はいいのか

片手で余裕で持てる大きさで、タッチパネル液晶モニターが付いてるので何をどうしたらどうなるのかわかりやすく直観的に操作できます。
また、本体上部にあるRECボタンを押して撮影するだけなので、セルフタイマー機能を使えば余裕をもって一人で撮影も可能です。内臓スピーカーもついてるのでモニタリングもスムーズにできます。

HDMIが接続できるので、大画面に映し出すこともできます。

そして、私のZOOM Q8はマイクを別売りの物に交換してますが、純正のマイクでも十分音は音質は良かったです。変えてみた理由は別のマイクが出てるってことはもっと音質アップが狙えるのかと思って変えたら本当に良かったのでそのまま使ってます。

そして、純正マイクから別売りマイクすべて、マイク側にもゲインコントロールがついてるので、マイクの音量調整がとても楽です。

個人で使うには申し分ない機能が贅沢に備わってます。

また、別売りではありますがアクセサリーも充実してるとこもポイント高いです。

価格

安いでしょう(笑)
ここまでの性能がついてて3万円台です。
兄弟機種では3万円を下回る物もありますのでそちらもチェックしてみてもいいかもしれません。

ZOOMで私が知ってるのはエレキギターを宅録して曲を作ったりしてる時代もありましたので、ZOOMと言えばマルチエフェクターでした。
いつも満足ができるのは、なんだかんだコストパフォーマンスに優れてるんです。
ちょっと話それますが、マルチエフェクターというと、当時は現在でも人気のありますが、BOSSやLINE6あとDigiTechあたりでしょうか。全部使った事はありますが、性能がいい物が高いのは当たり前なのですが、性能良くて安いのは私のような市民には英雄でしかないわけです。

そんなわけで、話し戻りますがZOOMは昔からコスパ最高なんです。

 

まとめ

ライブ配信だったり、ちょっとした家族映像だったり、ライブ撮影だったり、Youtubeの撮影ももちろん、最近流行りのオンラインzoom飲み会にも使えます。

zoom飲み会は友人が少ないので私はやってませんが、zoom会議では使いました…問題なく使えました。

あと、ゲーム配信でもOBSというソフトを使ってパソコンから配信してみましたけど、これに関しても問題なく配信できました。

私の使った結果まだまだ手軽に使えるハンディビデオレコーダーだと思います。

ちょっと高すぎるのは手が出せないという方は検討してみてもいいかもしれませんね。

思い立った瞬間にすぐ使えるというのは優れものです。

因みにZOOMから似たような機種でZOOM Q4やQ4Nなど、こちらの機種よりもう少し安いものもあります。

色々見てみると自分に合った物が出てくるかもしれませんね。

ZOOM「Q8」は、シーンに応じて5種類の別売マイクカプセルと交換可能な、世界初のマイクカプセル交換型ハンディビデオレコーダーです。フルカラーの液晶タッチパネルが直観的な操作を可能にします。2系統のXLR入力と4トラック同時録音が可能。クリエイターのニーズに応える機能が装備されています。

 

 

コメントを残す