YouTube Liveの配信方法をわかりやすく解説

 

YouTube Liveとは?

YouTube Liveとはなんだろうという方も多いかもしれません。
まずはどんな事が出来るサービスなのかをご紹介いたします。

リアルタイムで映像配信できる機能

YouTube Liveはその名の通り、ライブ配信です。
他の記事でも少し触れてますがライブ配信は配信専門のサイトやアプリで行われてきましたが、最近ではYouTube Liveでも生配信を行う人も増えてきてます。
生配信でしか味わえない臨場感もあるため人気が急上昇してます。
特に最近は自粛も兼ねて余計に注目されてます。

規定が優しくなり誰でも自由に使える

YouTube Liveを使うにはチャンネル登録者数が10,000人以上という難関を突破した方しか使えませんでしたが、チャンネル登録数の基準がなくなり、誰でも自由にライブ配信をできるようになりました。
YouTubeはもともと動画投稿サイトでしたが、登録者数を増やすためにライブ配信をしてる方もいるようです。
最近はYouTubeに動画をアップロードメインで、たまにライブ配信という使い方が多いようです。

ライブ配信した動画をアーカイブで残すことができる

YouTube Liveで生配信した動画は、配信後にアーカイブとして残す事が可能です。
チャンネル内の動画と同様に広告収入が得られるので、閲覧者数、評判が良かった配信は残しておくといいようです。
私は趣味でギターの音楽理論などの説明をしてる方の動画を視聴してますが、視聴できなかった時にアーカイブで残ってると嬉しいので、この機能はありがたいですね。

アーカイブで残す場合はBGMに気をつけなくてはなりません。YouTubeだけではありませんが、著作権に引っ掛かる事がありますのでフリー音源や商用OKなBGMを利用しておくと便利です。
月額料金を支払えば商用OKな音楽を取り扱っているサブスクリプションもあるので、動画の投稿や配信を頑張ろうとしてる方におすすめです。

YouTube Liveのメリット

YouTube Liveで配信するメリットはあるのかいくつかあげてみました。

ライブ配信ならではのリアルな雰囲気が楽しめる

YouTube Liveではリアルタイムでリスナーに映像が流れるので、配信者のリアルな雰囲気がそのまま伝わります。
動画の編集がない分楽で勝手に時間が流れていきますし、自分のペースで配信できます。
良いことも悪い事もそのまま伝わってしまいますが、ライブ配信の醍醐味と言えるでしょう。

リスナーとリアルタイムに交流できる

ライブ配信なのでリアルタイムで閲覧者の反応やコメントも見る事ができます。
それに応じ動画内でコメントを返すことも可能なので臨機応変に配信内容を決められるのもメリットですね。

映像や音源の編集作業がない

YouTubeはもともと作成した動画を投稿するサイトです。
そのためアップロードするまでに、撮影して、編集、テロップ入れてチェックという工程を踏んで不適切な内容があればまたやり直したりと、面倒な事が沢山あります。
ライブ配信でも不適切な言動などはNGですが、編集の手間がないのでその分気軽に取り組める人も多いと思います。
最近はオンライン飲み会が増えてますが、YouTube Liveで飲酒配信をしてる方も増えてますが、多くの方が視聴してますので、言動には注意しましょうね。

投げ銭機能が使える(収益機能)

YouTube Liveではスーパーチャットという投げ銭ができるチャット機能があります。
配信者が事前に設定しておく必要がありますが、リスナーから直接投げ銭してもらえるので収益を得るチャンスです。
スーパーチャットを利用する前にアカウントのSMS認証、アドセンスの設定とスーパーチャットでの投げ銭受け取り設定を確認しておきましょう。
YouTube Liveをやるならまず確認して設定しておきましょう。

YouTube Liveの配信方法

YouTube Liveの配信方法をお伝えしますがパソコンとスマホでは配信方法が異なりますので、自分にあった方を読んでください。

パソコンから配信する場合

パソコンからYouTube Liveを行う場合の必須アイテムです。

マイク・カメラ・配信用ソフト(サイトからダウンロードします)

カメラやマイクは、パソコンに内蔵されていれば最初は問題ないと思いますが、クオリティの面を考えると別の物を購入することをお勧めします。
※別記事でお勧めのマイクカメラの事も書いてます。

配信用のソフトは無料で使える「OBS Studio」というソフトがおすすめです。
私も使ってますが、間違いなく一番使いやすいですし、YouTubeでもOBSを推奨してる方が多いです。

上記をのアイテムが揃ったら以下の手順で配信スタートです。
1. クリエイターツールのページからライブストリーミングを有効にし、専用のキーをコピー。
2. OBS Studioを立ち上げてサービスをYouTubeに設定、ストリーミングキーをペースト。
3. OBS Studioにマイクとカメラを接続して、映像とマイクの出力確認、設定を行う。
4. タイトルやキャプションを決めて配信をスタート!

手順は以上になります。
自分で用意する物は意外と少ないので、揃ってる方は是非チャレンジしてみてはいかかでしょう。

スマホから配信する場合

スマホからYouTube Liveを利用するには、まず最初にアプリをアップデート。
※意外と古いままで泥沼にはいる方もいますので確認してくださいね。

アプリを開くとトップ画面にカメラのアイコンがあるので、タップして撮影画面を表示し「ライブ配信を開始」をタップして、配信がスタート。

パソコンよりも簡単に配信できます。
※スマホやタブレットから配信するにはチャンネル登録者数が1,000人以上必要なので、まずはパソコンから始めましょう。

まとめ:YouTube Liveの配信方法解説

いかがでしたか?
今回は、YouTube Liveの配信方法についてご紹介しました。
最近では有名YouTuberや芸能人、芸人等有名な方まで活用していることからYouTubeが一層盛り上がりを見せています。

スーパーチャットの投げ銭やアーカイブに残すことで収益化も狙えるので、YouTuberを目指してる方はライブ配信も取り入れてみるのいいと思います。
また、今から始めるのも遅くはないですし、在宅ワークが増えてるので自分の空いた時間をYouTube Liveで有効活用してみるのもいいと思います。

コメントを残す