新型コロナウイルス(COVID-19)の対策をしよう

coronavirus covid-19 pandemic outbreak virus background concept

世界中で突然猛威を振るいだした新型コロナウイルスですが、治療薬もなく収束するのはまだまだ先のようですね。
そんな新型コロナウイルスですが、各々できる限りの対策をしつつ生活を送ってると思います。
毎日マスクをしてる人がここまで多くなることは考えられなかったでしょうし、私も考えたことはありませんでした。
もともと私自身は慢性鼻炎を持ってたのでマスクは比較的毎日つけてたので違和感はなかったんです、3月中旬ごろまではマスクをしてる方は少なかったですけど2020年6月現在は9割くらいの人がマスクを着用してますね。
ここでは新型コロナウイルス対策として各自でやれる事など集めてみました。

マスク

新型コロナウイルスの飛沫感染を防ぐためにマスクが急に売れてしまったので世界中でマスク不足になりました。
そしてマスクの大量買い、値段の高騰、品不足、転売と悪循環になり、今までは考えられないような法律までできました。

6月現在ようやくマスクの在庫が店頭に戻ってきて普通に買えるようになってきましたね。
私はアベノマスクも使ってます、使えるものは使おうと思ってますが、アベノマスクを使ってる人をほとんど見ませんね。
個人的には通気性はあるのですが、保温性があるのかとても暑くなりますので、これからの時期にはとてもじゃないですが使えません。

ブラマスクは物珍しいので入手してみましたが、女性や子供にはいいですが、男性には紐が短いです、そしてアベノマスク同様暑いです。

やはり購入するならサージカルマスクと言われてるマスクですね。
軽い、薄い、手軽です。

50枚で1500円ちょっとで買えるまでに値段も戻ってきました。
私も買いましたが、マスクを長時間付けてると耳にかけるゴムで痛くなりませんか?
このマスクはゴム紐が丸いので耳に優しくて痛くなりにくいのでおすすめできます。

ハンドソープ

今まで家に帰ったらハンドソープを頻繁に使うことありましたか?
帰宅したら手洗いうがいは基本ですが、ハンドソープを毎回使うことはなかったのです。
新型コロナウイルスが広まってからは多くの人が買い求めたようで店頭から在庫が消えていきました。
それにともなってマスクの大量買占めが起こり【お一人様一点限り】という紙をよく目にするようになりました。
私は、ハンドソープは昔からキレイキレイを使ってますが、店頭在庫が品薄でなかなか手に入らないので今では一番消費します。

普段の生活において無意識に不特定多数との接触はしてしまうことが多いので消耗品は少しでも節約したいですよね。
皆さんも簡単なのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
因みに節約したい方もいると思いますので泡ハンドソープ詰替えの作り方を別記事にて紹介させていただきます。

ハンドクリーム

ハンドソープで手を洗うことが多くなって皮膚が弱い方は手荒れがひどくなった方もいますよね。
そういう方にはハンドクリームを使うことをおすすめします。
個人的には私が実際に使っている豆乳ハンドクリームで福岡は中洲川端にある川端通商店街にあります「豆腐の盛田屋」さんのハンドクリームです。

無色ではありませんが白いジェル状のクリームです。
昔私の恩師から教えていただいた豆腐屋さんのハンドクリームですが10年以上愛用してます。
もちろん多く植物エキスも配合されており、手以外にもカサカサの気になる「ひじ」、「ひざ」、「かかと」そして全身に使えてしっかりと保湿してくれます。
その他にも色々な種類のスキンケア商品があるので女性に大人気です。
因みにアイスクリームも売ってますが絶品です(笑)

フェイスシールド

新型コロナ対策でこれが一番多くの人に馴染まない物ではないでしょうか?
私は正直違和感がまだあります。
仕事上付けなければならないので装着してますが、まだ違和感は続きそうです。

そんな中、フェイスシールドを使ってみて思ったのは、できるだけ軽いものを選ぶべきだと思いました。
大体の人が仕事中に装着すると思います、よって長時間になりますので、できるだけ負担の少ない物が動きにも仕事にも支障が少ないのでおすすめです。

一枚で売ってるところはほとんどないですが、大体の方が職場で使ったりだと思いますので10枚単位くらいで買えます。
間違ってもメルカリの転売で買わないことをおすすめします。
メルカリは私自身利用させていただいてますしとても便利ですが、こういった新型コロナウイルス対策のグッズは転売が横行してますので値段が意味不明な価格に上がってます。新たな法律までできたくらいで、買ってしまった方は犯罪に加担してしまったようなものです。
転売ヤーに踊らされないように注意してください。

ビニール手袋

ビニール手袋(PVCグローブ)を使う方はまだ数少ないと思いますが、飲食店やカラオケ、接客業関係は多少なり間接的にでも接触することがありますので着用した方がいいと思います。
私も接客業なので着用してます。
洗い物が頻繁にある方を除いてつけるに越したことはないので、面倒臭がらずできればつけましょう。
女性は小さめのS~Mサイズで大丈夫だと思います。
男性は指が太かったり長かったりでサイズが合わない方もいるでしょうから、Lサイズなどをおすすめします。

若干ゴムの匂いが気になる方もいるかもしれませんが、そこは慣れになってくると思います。
手袋をつけたままでもスマートフォンを操作することができるので使いやすいと思います。

除菌スプレー(アルコール・ノンアルコール)

アルコール除菌、消毒、普段から掃除されてる方は大体持ってると思いますが、これも必需品ですね。
今や酒蔵でも製造してるくらい多くの人が使ってますね。

私もずっと使ってます。
軽く指先や隙間に振る感じで手になじませてます。
馴染んだ後はアルコールなのですぐに蒸発してくれるので楽です。
ただアルコール消毒は体に合わない方や、吸っただけで気分が悪くなる方はのちに紹介しますが次亜塩素酸水の方がいいと思います。
しっかりハンドソープで30秒ほどかけて手洗いしたらいいと個人的には思いますのでアルコール消毒をする必要はないと思いますけどね。

アルコール除菌スプレーの方は容量たっぷりの500ml×2本とお得なマスク50枚付きですので私も仕事で使うために買ってます。
ただし、アルコールが苦手だったり肌に合わない方用にノンアルコール除菌スプレーも置いてます。
自身の目的に合ったものを購入することをおすすめします。

除菌スプレー(次亜塩素酸水)

アルコール消毒の後に出てきた新しい除菌スプレーですね。
一応私も買ってみましたが、アルコールスプレーをよく使ってますのででばんはあまりないです。
アルコールに抵抗がある方は次亜塩素酸水スプレーを使ったらいいと思います。
そして単品で買うととても高いのからのスプレーボトルを購入してお徳用の詰替えを入れて使うと節約できます。
詰替えのボトルは透けてるボトルであれば補充するときにあふれたりする事故を防げます。
仕事で用意したい方は大容量のものを買った方が断然やすいです。
仕事先にはJia Water Plusを用途に合わせた薄め方で詰替えボトルにいれて使用してます。

ただ2020年6月現在、まだ効果があるという研究結果が出てないためか噴射などで吸わないようにしてくださいと注意喚起が出されてますので、吸わないように使いましょう。

まとめ

外出する際は、まだしばらくマスク着用はした方がいいでしょう。
仕事で不特定多数に接客、会話をする事が多い方はフェイスシールド、できればビニール手袋の着用もしましょう。

除菌スプレーやハンドソープの使う手順として、帰宅したらまず除菌スプレーをします。できればスマホも一緒に除菌しましょう。
その後ハンドソープを使って手洗いを20秒~30秒かけて爪の間や指の隙間から手首にかけて念入りに洗います、その後再度除菌スプレーを馴染ませます(肌荒れがひどい方保湿クリームやジェルを手に馴染ませましょう)。

今のところ各々ができる事はこれくらいだと思いますが、みんなが気を付けていれば収束も早いと思いますし、外出自粛ももっと緩和されるでしょう。
一刻も早く新型コロナが収束するようにみんなで頑張りましょう。

その気遣いが大切な家族や人を守ります。

コメントを残す